【プレスリリース】松屋フーズホールディングス 店長昇格試験にSHaiNを導入~人の見立てと面接評価レポートの遜色なし~

株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山崎俊明、以下タレントアンドアセスメント)は、株式会社松屋フーズホールディングス(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:瓦葺一利、以下松屋フーズ)が、店長昇格試験に対話型AI面接サービス SHaiN(以下、SHaiN)を導入したことをお知らせいたします。

【SHaiN導入の背景】
松屋フーズでは、昭和41年創業時の「お客様によろこばれる店づくりをめざして、お客様に奉仕する。そのためには、どんな努力も惜しまない」という思いを継承し、お客様によろこばれる店づくりをしています。
この“お客様によろこばれる店づくり”の要になるのが各店舗の店長ですが、松屋フーズの店長昇格試験では、年2回店長候補者を選出し、東京や大阪に招集して試験を実施しており、面接試験においては会場毎・面接官毎の評価のバラツキ、試験受験のための移動時間、面接に携わる関係者の拘束時間などが課題となっていました。
昨年6月の試験では新型コロナ感染症の状況を踏まえ、東京・大阪の近隣候補者のみ従来通り、遠方候補者に対してはWEB面接に置き換えて実施しましたが、WEBでの実施は初めての試みといったところもあり、システムトラブルや通信障害、WEB面接の準備等に苦労しました。
この度のSHaiNの導入により試験そのものを全てオンライン化することで、従来からの課題を解決すると同時に、候補者に対し恣意性を排除した的確なフィードバックを行い、人材育成の面でもより質の高いサポートが可能になりました。

〜〜〜 松屋フーズホールディングス 人事部人事グループ コメント 〜〜〜
SHaiNはこれまで「人材採用に活用されているサービス」との話を受け、どこまで信頼できるサービスなのか、本当に活用できるものなのか半信半疑でしたが、トライアルで実施した社員の面接評価レポートを拝見し、我々の見立てと合致しており、かつその解説も納得できるものでした。
今回SHaiNを店長昇格試験で利用しましたが、従来から課題に上がっていた面接時の評価基準の統一や面接に関わるコストの削減だけでなく、試験業務の生産性向上(日程調整などの業務削減、面接のエビデンスがしっかり残る)ことも想像以上に大きな成果でした。今後も継続的に実施していくとともに、別の昇格試験などへの展開も検討していきたいと考えています。
 

■対話型AI面接サービス SHaiNとは https://shain-ai.jp/
タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、人間の代わりにAIが面接を実施することで、人間が行う面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、評価基準の統一、先入観のない公平公正な選考を実現します。
受検者はスマートフォンを利用し、非対面・非接触で24時間365日、いつでも世界中*どの場所でもAIと対話しながら面接をすることができ、日程による受検辞退などの機会損失を減らせるようになります。
また実施側は評価レポートの結果などを参考に、対面の面接時には候補者ごとに適した質問を投げかけたり、候補者の特徴に合わせた動機付けをしたりすることで、内定辞退防止・モチベーション向上に活用することができます。さらに人材配置や育成など、戦略的にピープルアナリティクスとして活用することができます。 多くは人材採用シーンで活用されており、「遠隔地受検者への受検機会の提供」「戦略採用メソッドに基づいた評価基準の統一」「採用担当者や面接官の面接工数の削減」といった部分が評価され、2021年1月末日時点で270社以上の企業様にご利用いただいております。

* 一部ご利用いただけない国・地域がございます。 

 
■株式会社松屋フーズホールディングス https://www.matsuyafoods-holdings.co.jp/
所在地   東京都武蔵野市中町1-14-5
代表者   代表取締役社長 瓦葺一利
設立    1980年1月
資本金   66億5,593万円
事業内容  飲食事業を中心とするグループ会社の経営管理

■株式会社タレントアンドアセスメント
所在地   東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワー23F
代表者   代表取締役 山崎俊明
設立    2014年10月
資本金   3億9,380万円(資本準備金を含む)
事業内容  AI面接サービスSHaiNを主軸とした採用コンサルティング事業の展開


[プレスリリースの提供元] PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000011421.html 
[プレスリリースのPDFファイル]
PDF

【プレスリリース】大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部が就職支援ツールとしてSHaiNを導入 ~対話型AI面接サービスで学生をしっかりサポート~

株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山崎俊明、以下タレントアンドアセスメント)は、大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部(所在地:大阪府吹田市、総長:白井 元康、以下大阪学院大学)において、22年卒の学生向けに対話型AI面接サービスSHaiN(以下、SHaiN)が導入されることをお知らせいたします。

【導入背景】
大阪学院大学のキャリアセンターでは、建学の精神である「視野の広い実践的な人材の育成」に基づき、学生が自らの将来設計を主体的に行うことができるよう、就職支援行事や個人面談、企業説明会、ゼミナールでの指導を積極的に実施するなど、学生一人ひとりに対するきめ細かな指導・支援体制を構築しています。
昨年から続く新型コロナウイルス感染症の拡大や、緊急事態宣言の発出などの影響により、新卒採用の環境が目まぐるしく変化する中で、就職活動を行う学生が、自らの行動によって選考への不安を少しでも取り除き、本番で実力を発揮できるよう、時間や場所の制約を受けずに利用ができる支援ツールとして、SHaiNを導入いたしました。
同サービスは、面接練習や可視化されたフィードバックを希望する22年卒の学生向け就職支援ツールとして、自己分析や自己表現の振り返りなどに活用してもらうとともに、キャリアセンターのスタッフが、フィードバックの内容に基づき、学生個々の状況や適性に応じた指導を行うことで、質の高い支援を実現し、コロナ禍で就職活動に挑む学生を力強くサポートします。

〜〜〜 大阪学院大学キャリアセンター コメント 〜〜〜
就職支援の一環として、学生の都合に合わせて選考の対策ができ、明確なフィードバックも得られるツールを求め、SHaiNを導入いたしました。同サービスを提供されている代表の山﨑俊明氏は、本学の卒業生です。学生が社会に出るための行動を起こす重要な時期に、自らの先輩であり、採用現場の最前線で活躍されている山﨑氏のバックアップを受けられることは、非常に心強いはずです。また、本学の人材育成が、好循環を生み出していることを表す取り組みであるとも思います。トライアルを体験した学生からは、「最初は、多くの質問に対して詳細に答えることを求められ、戸惑いました。しかし、これほど多く、また深く掘り下げて質問されることを経験していると、実際に面接を受ける際の不安が払拭されるので、就職活動に役立つと思いました」との感想が寄せられています。同サービスの導入が、厳しい採用環境の中で、学生が自信を持ち、就職活動に挑むための一助となることを期待しています。
 

■対話型AI面接サービス SHaiNとは https://shain-ai.jp/
タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、人間の代わりにAIが採用面接を実施することで、人間が行う面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一、先入観のない公平公正な選考を実現します。
受検者はスマートフォンを利用し、非対面・非接触で24時間365日、いつでも世界中*どの場所でもAIと対話しながら面接をすることができ、日程による受検辞退などの機会損失を減らせるようになります。
また企業側は評価レポートの結果などを参考に、対面の面接時には候補者ごとに適した質問を投げかけたり、候補者の特徴に合わせた動機付けをしたりすることで、内定辞退防止に活用することができます。さらに入社後の人材配置や育成など、戦略的にピープルアナリティクスとして活用することができます。
これまでも「遠隔地受検者への受検機会の提供」「戦略採用メソッドに基づいた評価基準の統一」「採用担当者や面接官の面接工数の削減」といった部分が評価され、2021年1月末日時点で270社以上の企業様にご利用いただいております。

* 一部ご利用いただけない国・地域がございます。

 
■大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部 https://www.osaka-gu.ac.jp/
所在地    大阪府吹田市岸部南2-36-1
代表者    総長 白井元康
創立     1963年
グループ校  AST College、大阪学院大学高等学校

■株式会社タレントアンドアセスメント
所在地   東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワー23F
代表者   代表取締役 山崎俊明
設立    2014年10月
資本金   3億9,380万円(資本準備金を含む)
事業内容  AI面接サービスSHaiNを主軸とした採用コンサルティング事業の展開


[プレスリリースの提供元] PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000065.000011421.html
[プレスリリースのPDFファイル]
PDF