【お知らせ】AI の利活用における基本理念

株式会社タレントアンドアセスメント AIコミットメント
AIには世の中の生活を飛躍的に向上させる可能性があります。もちろん、AIが社会活動の全ての問題を解決することはできませんが、それぞれが互いに補完し合うことで新たな生活習慣を生み出し始めています。そして、A I技術の利活用が活発になる一方で、利用や活用方法について問題提起することも認識しています。
タレントアンドアセスメントは、「対話型AI面接サービス SHaiN」を創造したHRテックの先駆者として、AIと正しく向き合うべき立場であることを自覚し、AIの利活用に対して責任があると考えています。
タレントアンドアセスメントは、社内外とのコミュニケーションを重ねながら謙虚な姿勢で事業に取り組み、今後の社会環境の変化に応じ柔軟に取り組んで参ります。


 
AIの利活用における基本理念
タレントアンドアセスメントは、以下の基本理念を基準とし、AIの利活用を進めてまいります。

1.人間中心の原則
人間中心の原則に則り、人間の発展と幸福につながるためにAIの開発および利活用を行って参ります。
2.社会における有益性
製品を提供する各国の文化的、社会的、法的規範を尊重しながら、AIを利活用し高品質かつ正確で価値のある情報を提供するよう努めます。
3.不公平なバイアスの発生、助長の防止
人種、民族、性別、国籍、所得、性的指向、能力、政治的または宗教的信念などといった事柄において、AIが不当な影響を与えることがないよう努めます。
4.安全性の確保
予期のせぬ事象の発生に備え、強固な安全性とセキュリティ対策の実践、強化に努めます。
5.説明責任
提供するAIサービスは、人間による管理を主として、ユーザーに説明ができないシステムは開発および提供はいたしません。
6.プライバシーの尊重
AI技術やAIを利活用したサービスの開発については、タレントアンドアセスメントのプライバシーポリシーに基づいて行い、ユーザーのプライバシー保護ならびにデータ利用の透明性に努めます。
7.利用用途の検証
有害もしくは悪用される可能性がある用途ではAIを利活用しません。
またAIを利活用したサービスの開発や提供にあたっては、想定される用途を以下の要件に沿って検証します。
(a) そのサービスの利用目的と想定される用途に、有害性や悪用の可能性はないか
(b) そのサービスに、独自性はあるか
(c) そのサービスは、世の中に大きなインパクトを与えるか 

以上の基本方針に加え、タレントアンドアセスメントは以下のような分野におけるAIの設計や提供はいたしません。
・有害または有害な可能性がある技術やサービス
・人々に危害を与えたり、人々への危害を助長したりするような技術やサービス
・倫理に反するような監視や情報収集
・国際法や人権に反する用途
 
 

この基本理念は決して「概念」ではなく、タレントアンドアセスメントの今後のサービス開発や研究開発などの判断の指針となる、具体的な「基準」として定めます。
AIを取り巻く環境は、驚異的な速度でダイナミックな進化を続けています。
私たちはこれからも、何事からも学ぶ謙虚な姿勢を忘れず、柔軟な姿勢で事業に取り組み、挑戦を続けて参ります。

2022年1月11日
株式会社タレントアンドアセスメント
代表取締役 山﨑 俊明


AIの利活用における基本理念(20220111策定)PDF

【メディア掲載】2022年1月11日(火)住宅新報にて、AI面接サービスを取り上げていただきました

2022年1月11日(火)住宅新報において『採用をAI面接で 日本社宅サービスなど』と題して、弊社サービスを取り上げていただきました。
本内容は、先日(2021年12月16日配信)のリリース「『AI面接を活用したBPOサービス』の共同開発を開始〜タレントアンドアセスメント・日本社宅サービス〜」に関連する記事となります。


・採用をAI面接で 日本社宅サービスなど
https://www.jutaku-s.com/newsp/id/0000050214
[参考]
AI面接を活用したBPOサービス」の共同開発を開始〜タレントアンドアセスメント・日本社宅サービス〜

【プレスリリース】2社に対する第三者割当増資を実施 〜対話型AI面接サービスSHaiN の成長スピードを加速〜

2021年12月21日、株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山崎俊明、以下タレントアンドアセスメント)は、サンネクスタグループ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:髙木章、東証一部上場 証券コード8945、以下、サンネクスタグループ)と、静岡キャピタル株式会社(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:久野託司、以下、静岡キャピタル)を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。
 

【資金調達の背景と目的】
タレントアンドアセスメントは『採りたい気持ちをカタチにしたい』というコーポレートスローガンのもと、いつでもどこでも面接ができる「対話型AI 面接サービスSHaiN(以下、SHaiN)」の提供を主軸とした採用コンサルティング事業を行っており、2021年11月末時点でSHaiNの導入企業社数は330社以上を数えます。
この度の第三者割当増資により財務基盤の強化を図るとともに、SHaiN機能の向上や、マーケティングの強化・販路拡大などに活用し、採用市場におけるプラットフォーム企業となることを目指していきます。

〜〜〜 引受先 担当者コメント 〜〜〜
サンネクスタグループ株式会社 執行役員 兼 日本社宅サービス株式会社 取締役 石上敦司
サンネクスタグループの連結子会社である日本社宅サービス株式会社が手がける「人事・総務向けBPOサービス」では、社宅の管理事務代行業務で培った業務コンサルティング、運用設計・代行、改善活動のノウハウを活かし、人事・総務部門の問題解決を支援するサービスを提供しています。
本サービスと、タレントアンドアセスメントが提供する対話型AI面接サービス「SHaiN」を組み合わせることにより、『AI面接を活用したBPOサービス』を共同開発してまいります。本件の協力体制を強化するため、サンネクスタグループは、タレントアンドアセスメントに出資いたしました。今後、タレントアンドアセスメントと共同して、AIを活用した最適な採用プロセスとBPOを活用した効率的なオペレーションを実現し、“採用の新しいカタチ”の創造に向けて取り組んでまいります。
静岡キャピタル株式会社 営業部主任 山内栄二
貴社の提供するAI面接「SHaiN」が、今後の採用現場におけるニュースタンダードとなると確信するとともに山﨑社長の目指す世界に共感し、今回出資を決定致しました。採用現場の課題であるミスマッチや効率化を解決でき、受検者・導入企業ともにWin-Winのサービスであると感じております。
また「SHaiN」は“いつでも”“どこからでも”面接を受けることができるサービスです。採用に課題を抱える地方企業にとっても魅力的なサービスになり、弊社が拠点とする静岡県内でも活用されることが期待されます。
今後は資金面の支援にとどまらず、採用市場の変革への挑戦を全力でご支援させていただきます。
 

■対話型AI面接サービス SHaiNとは(https://shain-ai.jp/
タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、人間の代わりにAIが採用面接を実施することで、人間が行う面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一、先入観のない公平公正な選考を実現します。
受検者はスマートフォンを利用し、非対面・非接触で24時間365日、いつでも世界中*どの場所でもAIと対話しながら面接をすることができ、日程による受検辞退などの機会損失を減らせるようになります。
また企業側は評価レポートの結果などを参考に、対面の面接時には候補者ごとに適した質問を投げかけたり、候補者の特徴に合わせた動機付けをしたりすることで、内定辞退防止に活用することができます。さらに入社後の人材配置や育成など、戦略的にピープルアナリティクスとして活用することができます。
これまでも「遠隔地受検者への面接機会の提供」「面接評価レポートの有効活用」「採用担当者や面接官の面接工数の削減」などの部分が評価され、2021年11月末時点で330社以上の企業様にご利用いただいております。
タレントアンドアセスメントではSHaiNを通じて、学歴や性別、国籍に関係なく公平公正に評価される時代への一歩として、持続可能な開発目標SDGsの「ジェンダー平等を実現しよう」「人や国の不平等をなくそう」を推進しています。
* 一部ご利用いただけない国・地域がございます。

■サンネクスタグループ株式会社https://www.sunnexta.co.jp/
所在地   東京都新宿区箪笥町35番地
代表者   代表取締役社長 髙木章
設立         1998年10月
資本金   9億8百万円(2021年6月30日現在)
関連会社  日本社宅サービス株式会社
      クラシテ株式会社
      クラシテ不動産株式会社
      株式会社全日総管理
      株式会社スリーS
事業内容  グループ会社の経営管理ならびにこれに付帯する業務
上場取引所 東京証券取引所市場第一部
証券コード 8945

■静岡キャピタル株式会社https://www.shizuokabank.co.jp/companyinfo/scc.html
所在地   静岡県静岡市清水区草薙北2番1号
代表者   代表取締役 久野託司
設立    1984年8月
資本金   1億円
事業内容  株式公開支援業務・中小企業再生支援業務

■株式会社タレントアンドアセスメント
所在地   東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワー23F
代表者   代表取締役 山崎俊明
設立    2014年10月
資本金   4億7,156万円(資本準備金を含む)
事業内容  AI面接サービスSHaiNを主軸とした採用コンサルティング事業の展開


[プレスリリースの提供元] PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000011421.html
[プレスリリースのPDFファイル]
PDF

【プレスリリース】「SHaiN」、採⽤管理システム「sonar ATS」とAPI連携を開始 〜SHaiNの⾯接情報をsonar ATSで確認・管理が可能に〜

2021 年12 ⽉21 ⽇、株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:⼭崎俊明、以下タレントアンドアセスメント)が提供する対話型AI⾯接サービス「SHaiN」は、Thinkings株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:吉⽥崇、以下Thinkings)が提供する採⽤管理システム「sonar ATS」とAPI 連携を開始しました。
これによりSHaiN で実施した⾯接の進捗や結果を、sonar ATS 上でリアルタイムに確認・管理ができるようになります。

【API連携の概要】
今回の採用管理システムsonar ATS とのAPI連携により、SHaiN利用企業が受検者管理システムで行っていた面接受検案内、ステータス確認、面接評価レポートの確認およびダウンロードを、sonar ATSの管理画面上で行えるようになり*1、採用担当者は受検者の情報が一元管理できるようになります。加えて、面接を受けていない応募者へのリマインドもsonar ATSから適切なタイミングで自動連絡を可能にするなど、オンライン採用が拡がる中で出てきた課題(企業へのエントリー障壁が低くなったことによる採用工数の増大等)を解決いたします。
また受検者も、sonar ATSの企業マイページ内から直接SHaiNの面接ができるようになるため*2、受検のハードルが下がり、歩留まりの向上につながります。
*1 SHaiN受検時の動画・音声データは、SHaiN受検者管理システムからの確認のみ
*2 sonar ATSで案内した各種受検用URLからアクセスすることで、受検者は各ツールへのログイン作業が省略できる

【API連携の背景】
Thinkingsは「採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。」というビジョンを掲げています。多くの企業の採用課題解決に向けたサービス向上の一環として、求人媒体やWeb検査ツールなどの各種サービスと「sonar ATS」との連携を進めています*3
タレントアンドアセスメントのSHaiNは、まさに応募者のことを知る・見極めることのできる “採用の解像度を上げる”ツールとしてそのビジョンにマッチしており、今回、両社ユーザーからのシステム連携要望の声もあったことから、SHaiNとsonar ATS のAPI連携が実現しました。
*3 「sonar ATS」連携サービス一覧:https://sonar-ats.jp/function/cooperation/

◼ 採用管理システム「sonar ATS」とはhttps://sonar-ats.jp/
ソフトバンク、ニトリ、NTTデータなど900社以上*4に利用されている採用の成功のために開発された採用管理システムです。各就職ナビやイベントなど、全ての応募経路からのデータを一元管理し、直感的なユーザーインターフェースにより、応募者へのLINE連絡や状況の分析、さらに応募者への効果的な動機形成を図ることができます。通年採用化に伴う、年度に縛られない採用管理にも活用可能です。「採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。」というビジョンのもと、採用担当者を支援しています。
「sonar」ブランドサイト:https://brand.sonar-ats.jp/
*4 2021年8月時点
■対話型AI面接サービス SHaiNとは(https://shain-ai.jp/
タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、スマートフォンを使って24時間365日いつでもどこでも、人間の代わりにAIによる採用面接を実施できるサービスで、人間が行う面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一、先入観のない公平公正な選考を実現します。
これまでも「遠隔地受検者への面接機会の提供」「面接評価レポートの有効活用」「採用担当者や面接官の面接工数の削減」といった部分が評価され、2021年11月末日時点で330社以上の企業様にご利用いただいております。
タレントアンドアセスメントではSHaiNを通じて、学歴や性別、国籍に関係なく公平公正に評価される時代への一歩として、持続可能な開発目標SDGsの「ジェンダー平等を実現しよう」「人や国の不平等をなくそう」を推進しています。

Thinkings株式会社https://www.thinkings.co.jp
所在地           東京都中央区日本橋本町4-8-16 KDX新日本橋駅前ビル5階
代表者           代表取締役社長 吉田崇
設立              2020年1月
事業内容       新卒・中途採用向け採用管理システムを主軸とするHRTech事業、及び、多様なHRサービスを総合的に購買・導入支援するマーケットプレイス事業

■株式会社タレントアンドアセスメント
所在地   東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワー23F
代表者   代表取締役 山崎俊明
設立    2014年10月
資本金   3億9,380万円(資本準備金を含む)
事業内容  AI面接サービスSHaiNを主軸とした採用コンサルティング事業の展開


[プレスリリースの提供元] PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000011421.html
[プレスリリースのPDFファイル]
PDF

【ニュースリリース】Apache Log4jの脆弱性に関連した弊社サービスへの影響について

2021年12月10日頃から「Apache Log4j」にセキュリティ上の脆弱性が見つかったとの報道がされております。
本件に関連して、弊社サービスへの影響についてご報告いたします。
 

弊社サービスへの影響
対話型AI面接サービス「SHaiN」では、本脆弱性に関する影響はございません。

*弊社で採用しているソフトウェアおよび具体的なバージョンについては、セキュリティ上の観点から非公開としております。誠に恐縮ではございますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【プレスリリース】「AI面接を活用したBPOサービス」の共同開発を開始〜タレントアンドアセスメント・日本社宅サービス〜

株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山﨑俊明、以下タレントアンドアセスメント)と、日本社宅サービス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:髙木章、以下日本社宅サービス)は、2021年12月より “採用の新しいカタチ”の提案を目的とした「AI面接を活用したBPOサービス」の開発に着手いたします。
また、本共同開発の協力体制を強化するため、日本社宅サービスの完全親会社であるサンネクスタグループ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:髙木章、東証一部上場 証券コード8945)は、2021年12月末にタレントアンドアセスメントに出資することが決定しております。

【共同開発の背景】
企業はDX化や働き方改革の推進が求められている中にありながら、人手不足による採用環境は厳しさを増し、その業務にはより効果的かつ効率的な変革が求められています。
日本社宅サービスが手がける「人事・総務向けBPOサービス」と、タレントアンドアセスメントが提供する対話型AI面接サービス「SHaiN(シャイン)」を組み合わせた共同サービスを開発することにより、AIを活用した最適な採用プロセスとBPOを活用した効率的なオペレーションを実現し、企業ごとに異なる“採用の新しいカタチ”の創造に向け取り組んでまいります。

*記載されている会社名、製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
*仕様や提供内容については予告なく変更となる場合がございます。
 

■人事・総務向けBPOサービスとはhttps://www.syataku.co.jp/service/bpo.html
社宅の管理事務代行業務で培った業務コンサルティング、運用設計・代行、改善活動のノウハウを活かし、人事・総務部門の問題解決を支援するサービスを提供。クラウドワーカーなど多様な働き手の活用も視野に入れ、市場競争力のある商材を展開しています。
■対話型AI面接サービス SHaiNとはhttps://shain-ai.jp/
タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、スマートフォンを使って24時間365日いつでもどこでも、人間の代わりにAIによる採用面接を実施できるサービスで、人間が行う面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一、先入観のない公平公正な選考を実現します。
これまでも「遠隔地受検者への面接機会の提供」「面接評価レポートの有効活用」「採用担当者や面接官の面接工数の削減」といった部分が評価され、2021年11月末日時点で330社以上の企業様にご利用いただいております。
タレントアンドアセスメントでは「SHaiN」を通じて、学歴や性別、国籍に関係なく公平公正に評価される時代への第一歩として、持続可能な開発目標SDGsの「ジェンダー平等を実現しよう」「人や国の不平等をなくそう」を推進しています。

■日本社宅サービス株式会社 https://www.syataku.co.jp/
所在地   東京都新宿区箪笥町35番地
代表者   代表取締役   髙木章
設立         2020年7月 (創業 1998年10月)
資本金     4億5000万円
事業内容  住宅制度運営のアウトソーシング事業
                ・借上社宅の管理事務代行業務              ・社有施設の管理運営代行業務
                ・転勤者サポート業務                            ・業務用のシステムの設計・開発・運用業務
                ・福利厚生制度・住宅制度改革のコンサルテーション業務
                ・コスト削減コンサルテーション業務/購買代行業務
関連会社  サンネクスタグループ株式会社(東証一部上場 証券コード8945)
                クラシテ株式会社
                クラシテ不動産株式会社
                株式会社全日総管理
                株式会社スリーS

■株式会社タレントアンドアセスメント
所在地   東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワー23F
代表者   代表取締役 山崎俊明
設立    2014年10月
資本金   3億9,380万円(資本準備金を含む)
事業内容  AI面接サービスSHaiNを主軸とした採用コンサルティング事業の展開


[プレスリリースの提供元] PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000011421.html
[プレスリリースのPDFファイル]
PDF

【お知らせ】2021年度 年末年始休業のお知らせ

SHaiN受検者ならびに導入企業 各位

貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
日頃、SHaiNをご愛顧賜り厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ではございますが、年末・年始休業期間につきまして、下記の通りとさせていただききます。
期間中は何かとご迷惑をおかけし恐縮ではございますが、何卒ご理解、ご承諾を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2021年12月29日(水)〜2022年1月4日(火)

なお、上記期間中にお問い合わせいただきました案件につきましては、年明け1月5日(水)より順次対応させていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

【メディア露出】2021年12月8日(水)NEXs Tokyo主催の配信番組「VISIONING VOICE」に出演いたします。

2021年12月8日(水)、東京都がスタートアップ企業支援として展開する事業「NEXs Tokyo」の配信番組『VISIONING VOICE』にて、弊社代表の山﨑が出演いたします。
『VISIONING VOICE』とは国内外の広域展開に挑むスタートアップの3つの「カクシン(核心・革新・確信)」をテーマに、ゲストの熱い想いを深堀りをしていくインタビュー番組です。
ぜひご視聴ください。

【NEXs Tokyo公式WEBサイト_告知ページ】
https://nexstokyo.jp/onlinesalon/visioningvoice41-taleasse/
▼ 配信日時:12月8日(水)17:00〜17:30 ※アーカイブ配信12月21日〜予定
▼ 料金:無料
▼ 場所:Facebook live(NEXs Tokyoの公式FBから生配信)
▼ プログラム:番組紹介、ゲスト・事業紹介、インタビュー
▼ パーソナリティ:上田敬(日本経済新聞社 編集局編集企画センター担当部長)、閏野 綾(NEXs Tokyoコミュニティスタッフ)


タレントアンドアセスメントは、NEXs Tokyoが手がけるモデル事業創出プログラム-JUMPの第一期採択企業です。
<参考>
2020年10月13日:【ニュースリリース】NEXsTOKYO採択企業インタビューが掲載されました
2020年6月17日:【ニュースリリース】タレントアンドアセスメントが選定された「NEXs Tokyo」が始動します
2020年2月21日:【ニュースリリース】東京都産業労働局の「NEXs Tokyo」プロジェクト第一期支援プログラムにタレントアンドアセスメントが選ばれました

【プレスリリース】国立大初、福井大学がSHaiN for Educationを導入 ~カウンセラーとAIの二本柱で学生をしっかりサポート~

株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山崎俊明、以下タレントアンドアセスメント)は、国立大学法人福井大学(本部:福井県福井市、学長:上田孝典、以下 福井大学)が、対話型AI面接サービスSHaiNの教育機関向けプラン「SHaiN for Education」を導入したことをお知らせいたします。

SHaiN for Education導入背景
福井大学は「学生と教職員の良好な関係のもと、ステークホルダーの満足度が高い修学支援、生活支援、留学支援等とともに、高い実績を持つ就職支援を推進する」ことを中期目標として掲げ、きめ細やかな就職支援活動を行っており、全国大学実就職率ランキングでは、学部が複数あり単年度の卒業生1,000人以上の国立大学において、14年連続1位(2021年調査時点)を獲得しています。
昨年来、新型コロナ感染症の影響により各企業の採用選考に多様な変化があり、学生からも従来の就職活動とは違う悩みや相談が増えてきました。福井大学キャリアセンターでは、このような就活状況下においても一人ひとりに寄り添ったサポートをしていく施策の1つとして、この度、自己分析や模擬面接を希望する学生向けにSHaiN for Educationを導入することとなりました。

〜〜〜 福井大学キャリアセンター コメント 〜〜〜
キャリアセンターでは学生にとって満足度の高い就職を実現させるべく、各学部と密接に連携体制強化をはかり、学生一人ひとりに対してきめ細やかなサポートを行っています。また、「就活の保健室」として、学生が気軽に訪れ、進路や就職などで不安に思っていることを話せる場としての役割も担っています。
コロナ禍以降、就職活動もICT化が一層加速し、学生の悩みも多様化してきました。本センターにおいては、オンラインでの模擬面接やWEBガイダンスなどを実施してきましたが、さらに進んだ最新技術を学生に体験してもらいたいという想いから、このたびSHaiNを導入することになりました。
導入にあたりトライアルを体験した学生からは、「質問に対して掘り下げた回答を何度も求められるため常に気が抜けず、とても緊張しました。でも、面接結果のレポートによりフィードバックがあるので、自分の弱かった点を知り、本番までに十分な対策を取ることが出来ました。」との感想が寄せられています。同サービスを利用することで、学生がより自分を知り、さらに自信を持って今後の厳しい就職活動を進むための一助となることを期待しています。
 

■SHaiN for Educationとは
対話型AI面接サービスSHaiNは、2021年9月15日時点で320社以上の企業様にご利用いただいているサービスです。中でも SHaiN for Educationは、現在企業向けに提供している「対話型AI面接サービスSHaiN(https://shain-ai.jp/)」の教育機関向けプランで、評点・評価なしのサービスです。
AI面接の体感はもちろん、面接時の回答内容がすべてテキスト化された面接レポートから自己分析やエントリーシート作成時の参考資料として活用することができます。また学校側が受検者と面接レポートを共有することで面接時の振り返りやアドバイスをすることもできます。オプションの「質問項目評点有り」を利用した場合、より深いキャリアアドバイスができるとともに、受検者のデータを蓄積していくことで自校の学生傾向を分析し、今後のキャリア教育施策などに活かしていくことも可能になります。
タレントアンドアセスメントでは、SHaiNを通じて学歴や性別、国籍に関係なく公平公正に評価される時代への一歩として、持続可能な開発目標SDGsの「人や国の不平等をなくそう」を推進しています。

■国立大学法人 福井大学 https://www.u-fukui.ac.jp/
所在地    福井県福井市文京3-9-1
代表者    学長 上田孝典
創立     2003年

■株式会社タレントアンドアセスメント
所在地    東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワー23F
代表者    代表取締役 山崎俊明
設立     2014年10月
資本金    3億9,380万円(資本準備金を含む)
事業内容   AI面接サービスSHaiNを主軸とした戦略採用コンサルティング事業の展開


[プレスリリースの提供元] PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000011421.html 
[プレスリリースのPDFファイル]
PDF

【お知らせ】一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法)の公表について

株式会社タレントアンドアセスメントは、次世代の社会を担う子供が健やかに生まれ、育成される環境を整備することを目的とした法律「次世代育成支援対策推進法」に基づき、一般事業主行動計画を策定しました。

従業員の出産・育児によるキャリアの中断を極力少なくし、働きつづけられる環境を整えることを目的に、雇用環境の整備や労働条件の見直しなどを実施し、従業員の仕事と育児の両立の支援に取り組んでまいります。

[一般事業主行動計画 第一期(2021年8月1日〜2023年7月31日)]
PDF